戻る


(7)福井勇 (1908〜1988)


明治41年京都府綾部市に生まれる。
昭和3年京都府師範学校卒。
昭和5年京都市工芸専修学校素描科を特修。
坪井一男、関西美術院で都鳥英喜、黒田重太郎に師事。
京都市内の小中学校の教員を務める傍ら、制作を行う。
全関西展、二科展、京都市美術展他に数々入選。
第1回、第10回京展出品の<柿><静物>は市美術館に、第1回行動美術春季展
出品の<裏愛宕><冬景色柿>は司法省に買い上げられる。
行動美術協会の結成に参加、会員となる。
22年第3回日本美術展覧会委員として文部省より委嘱される。
25年第1回大阪市主催関西総合美術展、38年第15回京展において審査員を務める。
42年関西美術院理事となる。
さらに京都精華短期大学美術科新設に伊谷賢蔵と協力する。
43年同校教授就任。後京都精華学園理事長、関西美術院理事長となる。
58年京都府文化功労賞授与される。
昭和20年頃より亀岡市曽我部町穴太にて制作を続ける。




F1 柿栗図

額寸法 39×32cm
キャンバス SM号














F2 嵐山の秋図











戻る ページtopへ