ちょっとひと息
戻 る




2009年 6月


自宅の駐車場の一角に父親が作っていた家庭菜園の小さな畑があります。
父がいた頃は当然雑草一つなくきれいに手入れされていました。
畑の主がいない今見る影もなく雑草が我が物顔の状態です。
そんな荒れ放題の畑で雑草に負けじと、ほとんどの野菜が消えてしまった中、
イチゴが踏ん張っていました。
最初は少しの場所だったのですが、年々蔓を広げ力強くなり、今は畑の半分以上
を雑草に混じって支配しています。
あちこち次へ次へと蔓を伸ばし、子供、孫と広がっては実を付けています。
雑草なんか何のそのでまったく気にしていません。元気一杯です!
自然農法?? で今年もたくさん実りました。

現在の厳しい経済社会の中で、いろんな雑草(状況)にも負けずに頑張れ!と、
イチゴが親に代わって力付けてくれているようです。

草引きを少しでもしなければと、いつも申し訳なく気にはしているのですが・・・。
何分手が回りません。(反省)




-- 2009年5月27日午前 --



HOME a ページtopへ