ちょっとひと息



富 士 山 (2002年9月3日午後撮影


今回自動車での東京行きの帰りです。
車で5合目まで行くことが出来ると聞いて、
富士山に一度はと思っていたものですから、
ワクワクしながらやって来ました。




だから・・・霧の中、雲の中、最後まであきらめずに待ちました。
すっかり霧で何も見えません。せっかく来たのに・・・

せっかくだから、せめて富士山の感触でもと、とりあえず6合目まで
登ることにしました。はっきり言って登山の格好はしていません。
5合目から6合目までの往復で2時間は掛かりました。
 
6合目から7合目の方を見上げた景色です。
6合目から5合目に戻ります。

昼食を済ませ、ひと息入れて、富士山の山頂辺りを見ますが、
霧雲で全くカケラも見えません。ガクッ・・・

お昼の12時過ぎに着いて午後4時前頃まで4時間近くは待っています。

富士山は女性の山で、恥ずかしがってなかなか姿を見せてくれないと
聞きました。
しかし、このままでは帰れない。
でも気の長い私でも限界があります。
このまま京都に帰るため時間も気になります。

山頂?辺りをうらめしく見上げながら、肩をすくめて、車の方へ・・・。
もう、・・帰
ろう。 残念・・・残念・・


車を走らせて、500メートル。
うらめしくもう一度見納めに富士山を見上げました。
オオ〜ッ! ナンダ! うっすら青空の青みが透けて見える!
霧が雲が薄くなり始めている!
これは見られるかも!! 止まれ!止まれ! 
うまく駐車できる場所が有りました。

待ってみよう。 山裾の方から風も出てきて霧雲の切れ間が
ジワリジワリ山頂に向かっています。

あと30分、待とう。 

なんときれいに霧雲は引いて、すっかり青空になりました!

なかなか姿を見せてくれないと聞いていた富士山が
全て姿を見せてくれました。

念願叶って、私はすがすがしい気分のもと、帰路に着きました。